初めてカラコンを買うなら眼科選びから

初めてカラコンを買う時に、カラコンは高度管理医療機器なので安全性も考えて眼科で検査をしないといけないといわれて戸惑う人もいます。

検査代をかけずにカラコンはもう少し気軽に買って楽しみたいというのがその理由でしょう。

カラコン以前に視力が悪くコンタクトレンズを長年愛用していれば、コンタクトの取り扱いも知っているし、かかりつけの眼科医もいるでしょうから、ハードルは低いと思います。

コンタクト初心者がカラコンを買うなら、やはり眼科医で検眼をしないとカラコンを選ぶことができません。

視力検査を長い間していない人は、この機会に視力検査をし、カラコン選びに欠かせないBCの数値をはかってもらい処方箋を作ってもらいましょう。

かかりつけの眼科医なんてないし、どこの眼科に行っていいのかさっぱりわからないと言う人もいるでしょう。

お近くに複数の眼科があるのならば、電話やメールなどでカラコンを購入したいので、診察してもらえるかどうか問い合わせをしましょう。

眼科医には提携している眼鏡屋さんやコンタクト専用ショップがあり、そちらとの兼ね合いで診察してくれるところがほとんどです。

私の自宅付近にはそんな便利な眼科医はないという人も、一度問い合わせをしてみることが大切です。

カラコン愛用者には長期使用の場合や定期交換時に定期検査を受けるかかりつけ眼科医が必要になります。

通いやすい場所の眼科医を選ぶのも大切です。

眼科医経由で購入できるカラコンは、古くは種類が限られレンズ選びもあまりできませんでした。

検眼して近視や乱視があれば、それだけでカラコンが買えないという時代もありました。

カラコンは角膜を傷つけたり、酸素透過率が悪く、充血したり眼病などのトラブルになりやすいので勧めないという頑固な眼科医もいたのは事実です。

今は日本国内で薬事法が整った結果、着色部が表面に出ないサンドイッチ構造など市販されているカラコンの安全性が上がり、乱視用可のカラコンも市販されています。

眼科医が紹介できる安全性の高いカラコンというと、着色直径が小さくてオシャレじゃないカラコンという古い先入観がありましたが、最近ではナチュラル系のカラコンが流行っていることもあり、安全でオシャレなレンズのバリエーションが増えています。

近視・乱視用のカラコンも市場に出回るようになりました。

◇カラコン使いに慣れてきたらこちらのショップを=>クイーンアイズ